秩父銘仙

 

江戸時代後期に発表され、昭和初期まで長らく日本の衣料に欠かせなかった絹織物。
大正時代には若い女性を中心に人気を博し、「大正ロマン」の代名詞ともなりました。

主な産地は埼玉県秩父市、栃木県足利市、群馬県伊勢崎市などで、昭和40年ごろは
まだ年間1500万反ちかくが生産されていた。しかし生産量は急低下の一途をたどり
作り手の高齢化・廃業も進んでいます。

「昔の銘仙はお目にかかれるけれども、新品の銘仙にはお目に掛からない。」
と語る呉服業者もいるほど、貴重な織物です。